2005年11月29日

ハリーポッター

炎のゴブレット観て来ました。
シリーズ4作目ということだが、物忘れがひどく意味がわからない場面がいくつかあった。
次回に繋がる内容だったので、数年内に5作目があるでしょう。

2005年11月25日

鼻の手術

慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎による鼻詰まりに悩まされ、5年前、両側下鼻甲介切除手術を受けた。
術後、鼻に詰めたガーゼが抜けるまでの一週間、完全に鼻がブロックされ、口呼吸及び、食べ物の味も一切わからないという辛い目にあい、ようやく鼻詰まりから解放された。
それから2年経って就寝時に右鼻の詰まりを感じた。右上での横向きで眠れば詰まらなくなるので、気にしないできたが、最近横向きでも詰まり、夜中に目を覚ますことがしばしばあった。
都会にいるうちにと、耳鼻科を訪ね診察してもらったら、一番奥に以前の手術で取り残した肉が腫れて詰まらせてることがわかった。
それで日帰りで済むレーザー手術を勧められ(レーザーで腫れてる肉を焼ききる)昨日行って来ました。
部分麻酔の後、レーザー照射でじりじり焦げ臭かったが数分で終了。
一週間位はかさぶたで逆に詰まるが、その後は通るとのこと。
花粉症歴20年の重症患者だが、これで少しはやわらぐとのことでした。

2005年11月21日

新弓で録音

ようやく新弓で録音してきました。
スピーカーから聞くと旧弓との音色の違いはわかりづらいかもしれません。

music欄にも下記の文を書きました。
>ICレコーダー録音時の音の劣化、MP3圧縮による音の劣化、貧弱なPCスピーカー
での再生で、どこまで違いが聞き取れるかわかりません。
また、2ヶ月経って弾き方も微妙に違ってるかもしれません。

9月の弓は曲がってると言われたフェルナンブコの弓です。
ここにはUPしていませんが、ヤマハのカーボン弓はあきらかに音色が違います。

弦は夏以来、替えていません。

------------------------------------------------------------------
録音終了後、遊び弾きしてたら、はじめて弾いてる途中で弦(E線)を切りました。
(過去にはE線を張ってる最中、1オクターブ違いで切ったことがあります)
切れた場所は本ブログ、アジャスターでも書いた、ループエンドの輪の部分でした。

裏返りにくいと聞いたゴールドブロカットを、はじめて張りましたが、早速裏返りました。もうやだ〜(悲しい顔)

2005年11月16日

レッスン見学

(14日15日と石川県の和倉温泉に行ってて書くのが遅くなりました)

きびしいと聞いた先生のレッスン見学に行ってきました。

見た目は女子バレーの柳本監督に似てて怖そうでした。
そして指導も・・・・・怖かったです


でも、あと半年で少しでも上手くなりたいので、レッスンお願いすることにしました。
へこたれずに続けることができるか、少し不安・・・

2005年11月11日

目標

来春転勤先の田舎町で、ばよのレッスン受けられるのか調べるために、「○○市 バイオリン」で検索したら、教室はなかったけど、な なんと

オーケストラ がありました。

早速そのホームページを見ると、「団員募集、オーディション(実技試験)等なし、楽器経験なくても歓迎」とありました。
なんとハードルの低い(というかハードルがない)楽団でしょう。

現在、目標と言えば「バッハのシャコンヌが弾きたい」という、非現実、到底不可能な目標、夢だったけど、今日より入団してそこそこ弾けることを目標にします。

こうなったら、先生探しを急がなくてはなりません。

楽器店より紹介された先生の中で、あと半年でできるだけ上手くなりたいので、勇気を出して、一番きびしく、一番月謝が高い と言われた先生に師事したく電話しました。

週末にそのレッスン見学に行って来ます。

2005年11月07日

調整完了

調整に出してたドイツ君、返って来ました。
駒高は34ミリの希望に対し33ミリ。まあ、無料なので許容範囲内です。
指板を剥いで木を足してるはずなんだけど、外見では全くわかりません。
職人の技術に感心です。

2005年11月06日

イベント終了

3日〜本日6日まで会社で、あるイベントを主催し、その責任者として仕事しました。
大きなトラブルなく終了し、ホッとしてます。

というわけで、明日は11月に入って初の休日です。
ドイツ君の調整が終了したので、楽器店へとりに行ってきます。

ついでに献血で400CC抜いて来ます。男は怪我でもしないと血が外に出ないので、定期的に抜いて新鮮な血液をつくれば体に良いとのことです。

2005年11月01日

iTunes

itunes.gif初めてiTunes Music Card とやらを買ってみました。

早速150円で五嶋龍の「6 Etudes d'execution transcendante d'apres Paganini, S. 140: La Campanella」(いわゆる「ラ カンパネラ」)を買いました。(ダウンロード)

この曲はフジコヘミングのピアノで好きになり、今年3月川畠成道のコンサートでばよ生演奏を聴いてさらに好きになり、CDを探してたところです。
それにしてもプロは上手い(あたりまえか) 聞き惚れます。

今後は聞きたい曲を瞬時に150円〜200円で買え、i podに入れ車内で聴いたりCDに焼いたり、ますます便利な世の中になりました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。