2005年11月25日

鼻の手術

慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎による鼻詰まりに悩まされ、5年前、両側下鼻甲介切除手術を受けた。
術後、鼻に詰めたガーゼが抜けるまでの一週間、完全に鼻がブロックされ、口呼吸及び、食べ物の味も一切わからないという辛い目にあい、ようやく鼻詰まりから解放された。
それから2年経って就寝時に右鼻の詰まりを感じた。右上での横向きで眠れば詰まらなくなるので、気にしないできたが、最近横向きでも詰まり、夜中に目を覚ますことがしばしばあった。
都会にいるうちにと、耳鼻科を訪ね診察してもらったら、一番奥に以前の手術で取り残した肉が腫れて詰まらせてることがわかった。
それで日帰りで済むレーザー手術を勧められ(レーザーで腫れてる肉を焼ききる)昨日行って来ました。
部分麻酔の後、レーザー照射でじりじり焦げ臭かったが数分で終了。
一週間位はかさぶたで逆に詰まるが、その後は通るとのこと。
花粉症歴20年の重症患者だが、これで少しはやわらぐとのことでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。